ブログトップ

辿月記

tengetsu.exblog.jp

琴線に触れたものを

カテゴリ:昆虫( 7 )

c0082606_0442423.jpg

PENTAX K10D TAMRON 28-300(A061)

今年も蝉の羽化は撮れずに
夏は終わりそう

鉄筋コンクリートの壁で鳴いていたツクツクボウシ
[PR]
by seadragon_air | 2009-08-28 00:44 | 昆虫
小さな生命の歌が聞こえる

c0082606_23345399.jpg

昨年版はこちらこちら室内撮影はFZ30にクローズアップ№3を装着し三脚固定

今年はK100DにTAMRON90ミリで手持ち+外部ストロボで挑む事に

-------------------------------------------------------------------------------------

密やかに 厳かに
c0082606_22595468.jpg

c0082606_23134814.jpg

c0082606_2314121.jpg

c0082606_23141284.jpg

地下世界の身体と決別する瞬間
歓喜の歌が聞こえる
c0082606_23205234.jpg




天と地を別つ穴より出でて
c0082606_2332450.jpg

いざ 試練への旅路
c0082606_2255388.jpg

恙無きや
c0082606_22564299.jpg

c0082606_23132459.jpg

c0082606_23133764.jpg

繰り返される営み
c0082606_23331620.jpg

-善福寺緑地にて-

PENTAX K100D AF90F2.8+AF540FGZ

[PR]
by seadragon_air | 2007-07-27 22:55 | 昆虫
ヤツデの花に点々が・・・?

何かと思って近づいてみたら無数のアリ
律儀に一花に一頭が担当している。
働きアリだから、蜜は巣に持ち帰り一族の糧となるのでしょう。
c0082606_8245458.jpg

ちなみに天狗が持っている団扇がヤツデの葉
ヤツデの別名は【テングノハウチワ】だそうです。知らなかった・・・

K100D SIGMA 70-300 F4-5.6 DG MACRO
[PR]
by seadragon_air | 2006-11-15 22:50 | 昆虫
自宅に連れ帰った終令幼虫
花瓶に挿した木の枝にとまらせる
しきりに足場の良い場所を探し動き回っていたが暫くして動きが停止
c0082606_8443742.jpg

胸部から割れる
c0082606_8445564.jpg
c0082606_8451637.jpg
c0082606_8455445.jpg
c0082606_8461853.jpg
c0082606_8473540.jpg
c0082606_8484996.jpg
c0082606_8491643.jpg
c0082606_852730.jpg

内蔵器官の表皮も脱皮するそうである 全てが生まれ変わるのだ
c0082606_8523968.jpg

胸部の太い器官の脱皮後、そこから薄緑色の血液が染み出している 
c0082606_12593245.jpg

残念ながら 中脚の脱皮に失敗したのだ
c0082606_132624.jpg
c0082606_1353395.jpg

胸部に力が籠る 薄緑色の血液が翅へ送り出される
c0082606_1362317.jpg

翅脈は血管なのか・・・
c0082606_1392332.jpg

c0082606_1312393.jpg

展翅と同時に体色が変化してくる メスのアブラゼミだ・・・
c0082606_13125629.jpg

この後丸1日じっと動かなかったが、止まり木の葉脈から樹液を吸っていた
明日は元の林へ帰してこよう

DMC-FZ30+AC CLOSE-UP NO・3 プログラムAE ISO80 
[PR]
by seadragon_air | 2006-08-21 21:59 | 昆虫
無性に蝉の羽化を見たくなった。
子供の頃からの夢であったのだ。
北国の故郷とは違い、東京は蝉が溢れ返っている。必ず見れるだろう・・・
ネットで調べると羽化時間帯は日没頃~21時頃がピークのようだ。

が、気がついたら深夜午前1時・・・昼寝しておけば良かった。変質者に間違われないように三脚など重装備で出かける。

誰も居ない深夜の緑地公園。エドガー・アラン・ポーの詩を思い出す・・・
《夜という妖怪が 真っ黒い王座によって悠々とあたりを覆い只悪心の天使ばかりうろつく・・・》
c0082606_1271639.jpg


やはり宴は終わっており、そこら中新しい身体の硬化を待つ者たちばかり
c0082606_1274725.jpg

アブラゼミが最も遅い時間帯に羽化するようだ
c0082606_1281785.jpg
c0082606_128433.jpg

パッヘルベル《カノン》の旋律と戸川純の歌声が頭の中で響く
・・・蚊に刺されながら
c0082606_1291299.jpg

幸運な事にこれから羽化をしようとする幼虫を発見
自宅に連れ帰り観察する事にしよう。
c0082606_1293349.jpg


DMC-FZ30+MC CLOSE-UP NO.1 プログラムAE ストロボ撮影 ISO80固定
[PR]
by seadragon_air | 2006-08-21 13:00 | 昆虫
声はすれど姿は見えず・・・
やっとこさ居所を突き止めて姿を拝めば
c0082606_13313313.jpg

ツクツクボウシはあまりに地味すぎる。
でかいアブかと思った。

DMC-FZ30 420mm. テレコン準備中に飛んでった・・・
[PR]
by seadragon_air | 2006-08-16 14:00 | 昆虫

温暖化の影響かクマゼミの北上が進んでいるらしい。
本物は見たことが無いが、いつか東京にも現われるのだろう・・・か。
子供の頃ならば虫取り網
今はカメラに持ち替えてソーッと忍び足。。。

ミンミンゼミ  比較的鈍感・・・か。
c0082606_1252848.jpg

ツクツクボウシ  警戒心が強い・・・  ストロボ発光したら素早く飛び去り、連写でも写らなかった。
c0082606_127769.jpg

皇居の森にはニイニイゼミもいるのか・・・ 
c0082606_1244689.jpg

以上、蝉には大きなお世話であるな。

せっかくだからアンタも撮ってやろうというのに、ツキアイが悪いね。相変わらず・・・
c0082606_1232490.jpg

DMC-FZ30
[PR]
by seadragon_air | 2006-08-11 01:28 | 昆虫