ブログトップ

辿月記

tengetsu.exblog.jp

琴線に触れたものを

<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

c0082606_1813012.jpg

鋭い視線
漂泊者の魂
命を潤す水

K100D SIGMA 70-300 F4-5.6 DG MACRO
[PR]
by seadragon_air | 2006-11-30 06:37 | にゃんこ
まんまるになって西日を浴びてました
c0082606_1812121.jpg

やっぱり寒いよね・・・

K100D SIGMA 70-300 F4-5.6 DG MACRO
[PR]
by seadragon_air | 2006-11-29 22:28 | にゃんこ
ちょっと暖かだったので 
久しぶりに善福寺川沿いを散歩しました。


《ハイ、ちょっと通りますよ・・・》 という感じでしょ?
c0082606_1815061.jpg


ギャーギャーとけたたましく叫びながら素早く飛び回っていた鳥の正体・・・
フェンス越しなので手前がぼやけてますが。
レンズを向けると警戒して直ぐに飛び去ってしまいました。
種類はわかりません。^_^; 
-追記- 上はセキレイ、下はヒヨドリみたいです。
c0082606_1822957.jpg

山茶花が咲いていましたよ
c0082606_182952.jpg

c0082606_182209.jpg


- 東京都 杉並区 和田堀公園 -
K100D SIGMA 70-300 F4-5.6 DG MACRO
[PR]
by seadragon_air | 2006-11-29 18:10 | 風景
昔徳川将軍家の厩舎ありしに因り此名あり
御 厩 谷 坂(おんまやだにざか)
c0082606_162252.jpg

仕事の帰り 久しぶりに髪を切ろう
雨は小雨になったのでお店までちょっと歩いてみる事にした

麹町~市ヶ谷界隈 この辺りは坂道が多い
そして大抵は何かしら所縁の名称がある この坂道もそのひとつ

この土地には不思議と縁があり、転職して勤務地が変わっても舞い戻ってしまう。
かれこれ8年。来月にはまた職場が変わるが、縁は切れないだろう。
本当に多くの人との出会いがあった。

坂を上りきればそこは靖国神社
c0082606_1623647.jpg

沿道の紅葉はもう少しかな
c0082606_1625664.jpg

髪を切った後、靖国通りから市ヶ谷駅へ
久しぶりにJRに乗って帰ろう。
橋の上から市ヶ谷駅と外堀
c0082606_163853.jpg

c0082606_1632838.jpg

ホームからみた外堀通り沿いの紅葉 電車待ち
c0082606_1634812.jpg

鷺が飛来して
c0082606_164949.jpg

お堀の向こうへ飛んでいった
c0082606_1642525.jpg

雨は上がっていた

K100D DA18-55
[PR]
by seadragon_air | 2006-11-29 16:04 | 風景
バンはいつも飄々とした雰囲気
不思議な魅力のある水鳥である。
普段は岸辺の低い枝や中州の淵に立っていて
エサがあるときだけ泳いでくる。

頭を規則正しく前後に振りながら、それはゼンマイ仕掛けの玩具のように。
傍らを鴨がスイーッと流れるように泳いでいるのと対照的に。
c0082606_11531539.jpg


何故バンは泳ぎながら頭を振るのか・・・スピードも速くはない。エサが目の前にあっても鴨に横取りされるケースが多く、ドンくさい。

バンの写真を整理していてふと、気付いたのだが
水中の足先に水かきが無いような・・・?

c0082606_11532480.jpg

調べてみるとやはりそうだ。
バンは水鳥のくせに水かきが無い!漕いでも漕いでも中々前へ進まない訳だ(笑
そして、泳ぎながら激しく頭を前後するのは・・・
【すこしでも速く水上を推進するためと考えられる】だそうで・・・(~_~;)
c0082606_115335100.jpg

        ↑全速力で推進中 (~_~;)

飄々としている風に見えたのは、一生懸命でイッパイイッパイだったのですね。
ますます愛着がわいてきました。
でもまた一つ疑問が・・・飛行状態からの着水はどうやっているのでしょう?
鴨類は飛行艇のフロートのように水かきのある足を上手く使っていますが・・・
いきなり胴体着水でしょうか?もう暫く観察が必要なようです。

K100D SIGMA 70-300 F4-5.6 DG MACRO
[PR]
by seadragon_air | 2006-11-19 12:08 |
近所の和田掘池で鴨にパンをあげていると・・・
バンがこちらをじーっと見ている
c0082606_20472745.jpg

来た来た>^_^<
c0082606_20481410.jpg

パンをくわえてさっさと行ってしまった・・・ゲンキンな。
c0082606_20352544.jpg

君は・・・無表情でちょっと怖い。パン食べないでしょ?
正面からみると半漁人顔の川鵜。
c0082606_20354031.jpg

パンに集まってきた小魚を狙っているらしい。
なるほど、考えてますね。

さて、朝晩冷え込みが厳しくなりました。風邪をひかないように。

K100D SIGMA 70-300 F4-5.6 DG MACRO
[PR]
by seadragon_air | 2006-11-17 23:40 |
ヤツデの花に点々が・・・?

何かと思って近づいてみたら無数のアリ
律儀に一花に一頭が担当している。
働きアリだから、蜜は巣に持ち帰り一族の糧となるのでしょう。
c0082606_8245458.jpg

ちなみに天狗が持っている団扇がヤツデの葉
ヤツデの別名は【テングノハウチワ】だそうです。知らなかった・・・

K100D SIGMA 70-300 F4-5.6 DG MACRO
[PR]
by seadragon_air | 2006-11-15 22:50 | 昆虫
和田堀池で撮影中に話し掛けられた

《貴殿も水辺がお好きならば三宝寺池へ行きなさい・・・》
武蔵野の湧水由来の地を散策しているそうであるが
不思議な縁のありそうな翁であった

MAPで場所を確認すると、練馬区の石神井公園内に三宝寺池はある
さほど近いとも言えないが遠くもない。数日経って出かけてみる事にした

c0082606_23233168.jpg


水源の由来を同じくする和田堀公園や善福寺公園と同じような雰囲気であるが、
人の手があまり入っていない感じである。
参道や橋などの人工物は整備されているものの、池の植物や周囲の木々はより自然に近い風情である。
そして、水鳥の個体数は圧倒的に多い。
水辺観察園にはフジバカマが生育しており、アサギマダラも訪れるようだ。
例によって西日が差し始めての到着、足早に散策してみる。


参道を進んで行くと橋の上から報道カメラ陣さながらに多数の砲塔が一方向へ向いている。
通りすがりに参加させてもらった。手持ち450ミリでは距離が足りないが
まあ、記念に。

c0082606_23231190.jpg

c0082606_23231810.jpg


この池も人工的に配置された枝や餌場があり、演出されている訳で
決して自然な姿では無いのですが・・・
都内では仕方が無いのかな・・・等とファインダー越しに考えていると
c0082606_2321045.jpg

《そんなものより、周りの木々を御覧なさい。余程綺麗ではないですか?》
通りかかったご老公に揶揄されてしまった・・・
一部マニアのマナーは決して宜しくはないと言う事なのだろう。
そして我々も景観の一部なのだ。気をつけねば。
c0082606_232193.jpg

          湧水は絶え間なく
c0082606_23233951.jpg

          絶え間なく
c0082606_23235718.jpg

          イノチ ヲ アタエル
c0082606_23232445.jpg

          ゆく河の流れは絶えずして

          しかも もとの水にあらず
c0082606_23263048.jpg

          淀みに浮かぶうたかたは

          かつ消え かつ結びて 久しくとどまりたる例なし
c0082606_23265827.jpg


- 練馬区石神井台 三宝寺池にて -

K100D SIGMA 70-300 F4-5.6 DG MACRO
[PR]
by seadragon_air | 2006-11-14 23:34 | 風景
小林大福さんへ
皮ごと食べられるマスカットだそうです。どうぞ・・・新種ですぞ。
《うーん?》
c0082606_811234.jpg


K100D SIGMA 70-300
[PR]
by seadragon_air | 2006-11-02 09:01 | ハムスター
人差し指でコチョコチョしたくなるのは僕だけだろうか (^_^;
c0082606_812256.jpg

K100D SIGMA 70-300 F4-5.6 DG MACRO
[PR]
by seadragon_air | 2006-11-01 01:14 | にゃんこ